アイリストに必要なのは美容師資格、それだけでは足りない。

アイリストに必要なのは美容師資格、それだけでは足りない。

アイリストに必要なのは美容師資格、それだけでは足りない。

まつ毛エクステンション等のまつ毛専門の技術者をアイリストと呼びます。
アイリストは、国家資格ではありませんが、まつ毛エクステのブームもあり、女性にとってはかなりの人気資格になりました。
アイリストになるには、最低限、美容師資格は必要です。

 

ですが、美容師資格だけでは現実問題としてアイリストの施術はできないでしょう。
確かに美容師資格があればアイリストなのですが、美容師のやっている仕事と、アイリストとの仕事はまったく異なりますし、共通している部分もほぼありません。
したがって、アイリストとして活躍している方のほとんどは、アイリストとしての技術を習得するために専門スクールに通っています。

 

それが、アイリストスクールと呼ばれているものです。
アイリストスクールに通って専門技術を身に付ければ、まつ毛エクステサロンの就職に有利になることは間違いありません。

 

また、将来的に独立開業を視野に入れるにしても、どこかの段階でしっかりとした技術を身につけている必要があるでしょう。
アイリストの資格としては民間資格としていくつかの団体の認定資格があります。

 

日本まつ毛エクステンション協会や、日本アイリスト協会などの技能検定を通過することで認定資格をもらえることになります
検定の中にも等級があり、日本まつ毛エクステンション協会は、1級、2級、公認講師の三種類。日本アイリスト協会は、3級、2級、1級の三種類の資格があります。

 

1級の資格を持っていれば、大抵のサロンで通用するものといえるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ